どちらさん?

2018/12/20

ポストに一枚の絵ハガキが入っていた。

オランダから。

ポスクロかと思えば、IDはない。

書かれている内容を読むと、

「あなたからのハガキ、すごいうれしかったわ!

ありがとう~。」とあり、彼女の名前も。

…全く記憶にございませんが、どちらさん???

オランダのパルは私には一人しかいなくて、

名前も全然違うし、新しくオランダのパルができた記憶もない。

それでも、私の住所をこんなに完璧に書いているんだから、

私が教えたってことで、だ~れ~?と夫に見せたら、

「この字にこの名前、見たことある!ポスクロの人や!」と。

我が家はポスクロで届いたポストカードは一定期間、

トイレのコルクボードにて紹介。

その後、切手だけ取って捨ててます。

お気に入りはスキャンしたりもしてますが。

夫は「どんな字なんだろう?」と裏もチェックしていたらしい。

私もたまに裏をチェックしますが、あくまでも切手!を

見るためです。

こどもたちは、たまに宛名面にシールが貼ってあるので

シールの有無を確認するために裏を見るらしい。

ポスクロで探したら、私が送った人のリストの中にありました!!

そういえば、「あなたのポストカードがとても気に入ったから、

私も送りたいの!住所を教えて~」と言われたっけ。

やっと思い出しました。

最近はスキャンが面倒で、スキャンをせずに投函することも多いので、

どんなカードを送ったっけ…とすでに忘却の彼方ですが。

彼女からはオランダと言えば、コレでしょ?と木靴のポストカード。

「オランダといえば、コレ!だけれど、履き心地はとても

いいとは言えないものよ。」と。

うん、見ただけでわかるよ・・・。

ポスクロの一期一会の出会いも好きだけれども、

たまにこうやって続くのもいいものですねぇ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

僕がお酒をやめたのは、2年前のGWでした。手元のアプリでは、5/10からやめた事になっていますが、もう少し早かったのではないかと思います。

 

2年前の今頃、連休を利用して、ちょっとした旅に出まして、そこで大量飲酒してしまったのです。1軒目、2軒目でビールを数杯、3軒目のバーでシングルモルトなどの強い酒を数杯、その後、ホテルに帰る途中でコンビニでウイスキーのミニボトルを買って部屋飲み。

 

今思うと、異常な飲み方ですが、当時は「連休だし、このくらい大丈夫だろう」という感じで、それほど大量に飲んでいるという意識はありませんでしたし、この程度のペースはよくある事でもありました。

 

しかしこの日は、体調が悪かったのか、飲み合わせが悪かったのか、とにかくひどい二日酔いになりまして、翌日は帰宅したものの全く動けず、夜になるまでずっと布団の中で横たわっておりました。

 

その時、急に「なんか、こんなパターンを繰り返してばかりいるのは、アホらしくないか?」と思い立ちまして、寝ながらスマホで断酒に関する情報を集めているうちに、その場で「もう止めよう!」と決意したという訳です。

 

おかげで、今年も連休を、ノンアルコールで爽やかに過ごすことが出来ています。あの時気が付いて本当に良かったです。まさに、思い立ったが吉日ですね。

f:id:ninosan:20160315111648j:plain

現状、パズドラ・ポケとる・クラッシュロワイヤルとプレイしていて、

このあとに

ポケモンコマスター(これ、ポケモン駒スターって意味だったのね)

パズドラレーダー

ポケモンGO

とリリースされるので自身のリソースがパンク確定である。

なのでゼロベースから考えた結果これからの更新はこうなる

パズドラ→維持

パズドラレーダー→ポケモンGOのスキマでプレイ

ポケとる→大幅減(本当にヒマな時に起動程度)

クラッシュロワイヤル→減(宝箱に空きがあるときだけプレイ)

ポケモンコマスター→自然回復スタミナ?があふれない程度

ポケモンGO→外出時プレイ

いやーゲームタイトルが6つ並ぶと壮観ですな。

ポケとるを大幅減にする理由はシンプルで

●3DS版より常時不利、今後も不利

これにつきる。列車とバスで列車が安いなら列車を使うのは当たり前の話で、あえてバスを使うのはよほど駅が遠いとか、テレ東のロケ団体くらいなものだろう。

ポケモンコマスターはアプリがネイティブなのでポケとるのような悲劇は起こらないのである。なにより新規タイトルだし、避ける理由がない。

以上よろしくお願いします。

4月15日(金)、カラオケ館 狸小路店新館で開催された「さっぽろITダーツカーニバル 1st Round」に参加しました。

このイベントは、札幌で活動しているIT業界の方なら参加OK!というダーツ大会。今回の参加者は50名近く。会社のダーツ部メンバーと一緒に、参加してきました。

siida.connpass.com

ロビン落ち

Bリーグ予選、1勝2敗でロビン落ち。19トリプルによく決まる日でした。

f:id:i24appnet:20160418001735j:plain

Aリーグ決勝戦!

上級者が集まるAリーグの決勝戦。1投ごとに盛り上がる会場。熱い!

f:id:i24appnet:20160418000717j:plain

打ち上げ

運営チームのみなさま、お疲れさまでした。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。またぜひ集まって盛り上がりましょう!^^

f:id:i24appnet:20160418000722j:plain

ハットをかぶってチケットを手売りする売れっ子芸人

割と炎上しがちなキングコングの西野亮廣さんが、彼のなかで恐らく過去最大級の火力で燃え上がっている。


ぼくはもともとbaseよしもとの芸人さんたちが大好きで、キングコングもそのなかのコンビだった。
西野さんは一時期、当時のブログ「西野公論」で、「おれは常に努力してる、がんばってる」的な記事を連発していた。
この件を「はねるのトびら」でネタにされ、「いつもドヤ顔で走ってきたことをアピールする」などといじられて、笑いにはなってたのはさすがだったけど。


ぼくはそれを見て、「芸人さんは努力してる姿見せないほうがいいんじゃないかな?」とあんまり快くは思っていなかった。絵本を描きはじめたときも、周りの芸人さんたちと同じで、割と冷ややかな目で見ていた記憶がある。


その気持ちが変わったのは、2014年に開催した「西野亮廣 独演会in日比谷公会堂」のチケットを手売りしはじめたとき。ツイッター上で、「今日は〇〇時に、どこどこにいます」と告知し、本人が本当に手売りするシステムだった。なんとなくおもしろいので、ある日、連絡して現地に行ってみると、ハットをかぶった西野さんがいた。2000円(くらいだった気がする)を払って、チケットを買った。場所は新宿駅の東南口。


f:id:mori17:20170123214852p:plain:w300
https://twitter.com/nishinoakihiro/status/468335197767733248/photo/1
はてなブログ経由でうまく引用できなかったので、キャプチャとリンク


この場所は奇しくも、ルミネtheよしもとのお膝元。気軽に彼をディスっている人たちは、ルミネのチケット売りや呼び込みをスタッフにまかせているのに対して、すでにかなり売れっ子の西野さんは自分で手売りをしているという対比。(もちろん、ルミネに出る人たちは、超有名人が多いので、そりゃそうだろ、ってのはその通りなんですが)そして、2年連続で、割とでかめの日比谷公会堂、2016年には東京キネマ倶楽部ソールドアウトしている。

クラウドファンディングで共犯者をつくる

その前後から、ブログやFacebookをフォローして、定期的に見るようになった。それらのポストでは、下記のような主張を頻繁に見かけるようになる。

チケットを手売りしているのも、絵本を書いているのも、いままでお笑いに興味を持っていなかった人が、劇場に足を運んでもらえるように、いろんな活動をしているのだ、と。


昨年末に、現在のブログ「『魔法のコンパス』キングコング西野オフィシャルダイアリー」にて、「まだ『情報解禁』とか言ってんの?」というエントリが上がった。

ちなみに、昨日、21万部を突破した『えんとつ町のプペル』は、クラウドファンディングを使って、1万人で作った。
支援してもらうことで、作り手側にまわってもらったわけだ。
クラウドファンディングの本質は、資金調達ではなく、共犯者作りだ。
『えんとつ町のプペル』は発売1ヶ月前の予約で1万部が売れた。

何が言いたいかというとね、
『お客さん』を増やすのではなくて、『作り手』を増やした方がいいということ。
なぜなら、『作り手』は、そのまま『お客さん』になるから。
そして、『お客さん』なんて、もう存在していないから。


そうやって考えていくと、『情報解禁』という文化が、いかに時代に合っていないかが見えてくる。

誰に向けて情報を解禁するつもり?

お客さんなんて、いないぜ?

引用元:キングコング 西野 公式ブログ - まだ『情報解禁』とか言ってんの? - Powered by LINE


これは、けっこうクリティカルな指摘であり、なるほど、そうだよな…。と思わされた。


おもしろいのは、「クラウドファンディングは、共犯者作りだ」と言っていること。


実は、クラウドファンディングで自分だけのメディアを作ったぼくのりりっくぼうよみさんも、同じような事を言っている。

― なぜクラウドファンディングで出資を募ることにしたんですか?

今、自分が出資を募ったらどのくらいの共感を得られるのだろう、と。自分の価値を証明する、実験的な意味合いが強いですね。

価値を証明するとき、お金って便利な尺度なんです。たとえば僕のプロジェクトに3000円払ってくれた人がいたとします。その人はさまざまな使い道があるなかから『ぼくのりりっくのぼうよみ』のクラウドファンディングを選んでくれたわけです。僕にとっては価値を認めてもらえたということになる。

― 出資者は「ファン」という関係を超えそうですね。


誤解を恐れずに言うと“共犯者”ですね。出資することで「お金を払ったんだから、楽しまなきゃ」というある種の強迫観念が芽生えると思うんです。

『Noahs Ark』はあえて万人受けする内容にはしていません。『Noahs Ark』のようなメディアの場合、出資者とそうでない人とで得られる情報の質や量に差が出てきます。つまり僕のことを理解して出資してくれた人を対象としているからこそ挑戦ができる。

出資者のみなさんとは役割が違うだけで、僕との間にヘンな力関係みたいなものはありません。高揚感や達成感を共有していく存在になれると思っています。

引用元:『ぼくのりりっくのぼうよみ』の言葉たち -インターネット、クラウドファンディング、未来について。 | CAREER HACK


クラウドファンディングを使って、共犯者をつくる。

ふたりとも先進的な考えを持っていて、同じ言葉を使っているのに、まわりの反応がまったく違うのがおもしろい。


何が違うのかといえば、目的の方向性の差なんだと思う。


ぼくりりさんは、目的を共有できる人の選別としてお金を尺度にした。
(ぼくもクラウドファンディングに参加しました。どんな対談記事がアップされるのか楽しみだし、一発目もなかなかおもしろかった。ぼくりり数学解説CDとパーカーが届くの楽しみ。)


西野さんは、いままで自分を知らなかった人たちにも認知を広げることが目的のため、攻撃性の強い言葉を使っている。
そこへの反論や批判をすべて薪に変えて火を大きくしている。


本人もブログでこう書いている。

「是非のイタチごっこ」こそが最大の無料広告で、近年だと、『アイスバケツチャレンジ』がその代表格。

引用元:キングコング 西野 公式ブログ - ウーマンラッシュアワー村本君の指摘 - Powered by LINE



割と計算づくで攻撃的な立ち回りをしているので、いろんな人が批判をすればするほど、特に有名な人がその流れに乗れば載るほど、彼の思い通りなので、ほくそ笑んでいるのではないでしょうか。


西野さんの攻撃的な、いうなれば失礼な物言いのため、僕が知っている人たちの何人かも怒っていて、何とも言えない悲しい気持ちにもなっているんだけど…。


どうせなので、この火がどこまで大きくなるのか、その火の大きさは、劇場に足を運ぶ人をどれだけ増やすのか。


ひっそり楽しみにしている。

先日、休みの日にやることがなくなった小学生の長男に片付けをオススメしました。


最初は、あまりやる気ではなかったはずなのですが、

結局やりました。


小学生の片付けなんて、男子はとくにほとんどプリント。

あとはおもちゃ(これもカードとか、漫画とか、やっぱり紙類。


プリントなんて、ほとんどいらないはずなので、簡単です。

問題は、やる気スイッチ。


たぶん、スイッチを押した一言はこれ。


いらないものがなくなると、楽だよ。


そのあとに、

すっきりしたら、すぐ見つかるから、忘れ物もしなくなるよ。

とも言いましたが、これは耳を素通りした、と思われます。


楽だよ。


これがビンゴでした。

 

みんなごめん!

 

これからちょっとの間、

最低1日1投稿にさせてください。

 

いや、本当申し訳ない。

 

最近のおれの記事、どうでもいいことばっか書いてたから。

 

最近無理やりネタ探して書いてたけど、これが俺の書きたいことじゃないって思って。

 

最初の頃のような、自由に自分が思ってること書いたときの方が楽しかったなあって。

 

これから夏が始まります。

 

この夏の体験をみんなに「面白いね!」

って言われるようにしたい。

 

だから、色々考える時間をみんなから少しもらいたい。

 

協力頼みます。

4日目12月2日

2018/07/03

こんばんは。しよりです。

今日はこの間受けた模試の結果を使って個人面談をするのと

講義がありました。

 

まず、模試の結果について。

散々でした。

それで、先生にやる気が中の下くらいだと話したところ、

モチベーションを上げるために、来週先生と約束して質問をします。

問題集の第1章をやるように言われました。

約束の日までに第1章をやるには、1日3問やれば終わります。

がんばって、3問くらいなら、なんとか!と思っています。

ちなみに、ミクロ経済学です。

ミクマクは全然わからないんですよね。

習ったことのどこを活かしたら、問題が解けるのか全然見えてこないんです。

まだ、理解してないってことでしょうかね。。。

とりあえず、約束を守れるように、頑張ります。

 

そしてそして、今日の講義ですが、

とってもつまらなかったです。

特定は嫌なので科目名は伏せますが、なんかテンポが悪くて。。。

今月いっぱいの科目なので、なんとか頑張りたいと思います。

がんばれ、自分!

 

それと、今、悩んでることがありまして、

朝、全然起きれないんですね。

私は大学卒業して、心の調子を崩して、ニートのような期間を2年過ごして、

3年目の今年の4月から予備校に通い始めた訳ですが、

朝、全然起きれないんです。

何か用事があるときは頑張って起きるんですけど、

それ以外の日は全然起きなくて、予備校が夜なので

それに合わせて起きるって感じなんですね。

だから、勉強も全然進まなくて、困ってるんです。

私が思うところは、大学卒業した後のニート期間が抜け出ていないのかなぁ

という感じなんですが、

ニートになるに至った経緯に、自信を失うことがありまして、

そのせいで、今でも自信がないんですね。

それで、全部できないって思ってしまうんですね。

自信がつけばきっとうまく回り始めると思うんですけど、

自信をつけるためには、日々のコツコツしたことをやっていくしかないわけで。

どうしたらいいんでしょうね。

『自信をもてない人のための心理学』という本を買ってみたんですけど

なかなかそれも読めなくて。

私、本大好きだったのに、大学卒業してから全然読めなくなったんですよね。

集中力を切らすというか、なんというか。

話がそれましたね。

まぁ、ちょっとずつでいいから自信を取り戻していきたいと思っているところです。

 

そういえば、母親から教えてもらったブログを読んでいるんですけど、

この方統合失調症の方で、私は統合失調症でも何でもないですが、

薬飲んでるところとか一緒で、現職の公務員の方なので、

勇気をもらっています。

同じ薬とか飲んでると少し共感したりしてね。。。

言い方は悪いですが、統合失調症でも公務員に合格できるんだから

ただ、心の調子を崩しただけの私はきっと合格できるはずだ!

って思っています。

卒業当時は食事やお風呂もままならない感じでしたので

毎日お風呂入って、ご飯食べて、歯磨きしてみたいなことを

してること自体、すごい進歩なんですよね。

進歩してるのに全然自信がついてこないし、進歩した感じもしない。

進歩した感じがしないのは、きっと前と同じに戻ったからでしょうね。

マイナスがやっとゼロに、みたいな。

進歩してるんだけどなぁ。。。

 

長くなってしまいましたね。とりとめもないし。

まぁ、来週の約束までに約束のことを終わらせるために頑張りたいと思います。

けど、そんなことより、TOEICの勉強したいんですけどね。

まぁ、1日3問ですしね。できないほうがおかしいですね。

がんばろ。

前日の勢いそのままに完勝です。

どうもこんにちは、ロキです。

 

色々なシーズン初が出た試合になりましたね。5連勝、同一カード3連勝は今シーズン初めてですし、先発の能見さんにも1勝目の白星がつきました。

前日の大逆転劇の勢いをそのままこの日の試合に活かすことができました。投打ともに噛み合った完勝ですね。

 

先発の能見さんはこの日も良い投球を観せてくれました。チェンジアップの抜けがいまいちでしたが、その他はストレート、スライダー、シュート、フォークどれをとっても良い質の球を投げられていました。立ち上がり以外は安心して観ていることができましたね。

6回途中で降板する場面ではまだ投げたそうな素ぶりをみせていましたが、それだけ状態が良かったのでしょう。点差がもう少しあればあの回まで投げてきっていたでしょうけどね。

 

余裕のある展開に持ち込めたことでマテオとドリスはお休み。リリーフ陣は桑原、岩崎、藤川さんの3人を投入しました。3人とも安定した投球での見事な完封リレーでしたね。

 

打線の勢いはこの日も健在でしたね。ひとまわり目こそ九里からチャンスを作れませんでしたが、4回に先制した後は中押し、ダメ押しと理想的な得点ができました。

この試合のヒーローは当然5打点の活躍をみせた鳥谷さんで決まりでしょう。特に4回の先制の1打が大きかったですよね。1死2、3塁のとりあえず前に打球を飛ばせば、という状況で三振してしまった中谷をフォローするようなタイムリーでした。あそこで得点できていなかったら、試合の流れを握ることはできなかったかもしれませんしね。

珍しくエラーもありませんでしたし、チーム全体で良い戦い方ができたと思います。強いて言えば、鈴木誠也野当たりをツーベースにしてしまう糸井のプレーが良くないのですが、ある程度は仕方ないんですかね。怠慢というよりは、体のコンディションのために抑えめでプレーしているのでしょう。本来はあまり良くない事だと思いますし、投手の立場からすれば全力で行って欲しい気持ちもあるでしょうが、その分打撃で返して貰えればと思います。怪我で離脱される方が痛いですしね。

 

次戦は火曜日から東京ドームでの2連戦です。先発投手は順番通りであれば菅野と秋山になりそうです。

菅野とついに当たってしまいますね。このところ3試合連続完封勝利と絶好調なようですが、こちらの打線の状態も良いですから何とか点を奪って欲しいですね。

多くの点は望めないでしょうから、秋山には頑張ってもらわなくてはいけませんね。厳しい相手ではありますが、今年は良い投球ができていますから自信を持って投げて欲しいです。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。